読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われ花子の一生

ADHDでも楽しく生きてます

第一印象だけは良いADHDの私

今週のお題「自己紹介」


自己紹介、得意です。


自己紹介に得意もクソもあるのかって話ですよね。

でも、私は自己紹介、苦じゃありません。

初対面の人の前でなら、明るく社交的な人間でいられるんです。

でも、それはファーストコンタクトだけ。



知り合って少し経つと相手のちょっとした表情の変化に過敏に反応してしまい、

「何か変なこと言ったかな」

「今の動き変じゃなかっただろうか」

「考え過ぎて恥ずかしくなってきた。顔が赤くなってないだろうか」

「あぁどうしよう体も熱い、汗が出る」

「そうこう考えてるうちに相手の話が進んでる!適当に相槌打たなきゃ…」

てな具合に思考があっちこっちへ飛んで相手の話をまともに聞いてません。

ええ、結果、呆れられます。

最悪、怒られます。

年下にも…。


これはADHDによるもの…と言うより性格的な面が強いでしょうか。

しかもこれ、一年二年経ってもずっとこの調子です。

仕事で関わりがある目上の相手(=直属の上司、先輩)には特にひどい。

ファーストコンタクトでは明るい人間を演じられるのに。




なぜか。




原因は、

過緊張と、プライドの高さ。




過緊張ってのは。

自己紹介、緊張しますよね。

みんな見てます。

第一印象って大事って言うし、とりあえず大きい声出さなきや…うん…それ、深呼吸……すぅぅぅぅぅぅ…

「初めまして!(よし!声出た!このまま勢いで行くぞぉぉ)よろしくお願いします(あー顔ひきつるぅぅけど今だけ我慢だ…笑顔ぉぉ…)!!」

てな具合に、緊張がピークを超えて、もうハッチャケ状態なわけです。

過緊張からのハッチャケで、その場だけ取り繕うんです。

自分が自己紹介だけで異常に消耗するのは普段の自分ではありえねえテンションを作ってるからです。



そして、その後、直属の上司や先輩らに対しては。

自分のクズさ、出来なさは自分という人間を

今まで20数年生きてきた経験上、嫌っちゅうほど自覚しているわけで。

バレるのは時間の問題なのにダメさが露呈するのが怖いんですね。

私って人間は。

呆れた顔、怒った顔、自分に失望して去っていった人たちの顔顔顔…が走馬灯のように浮かぶ訳です、はい。

んで、二度とそれを繰り返したくない、ダメ人間と思われたくない!!という思いが強くなり過ぎて、脳内はパニックを起こし、

思考回路はショート。

(セーラームーンは寸前で止まったのにね)

まともなコミュニケーションは、まー不可能な訳です。


要するに、まんまの自分、を出す勇気が無いのです。

これから密に関わる人間に対しては特に。


しかしね、取り繕った自分でい続けるとします。

いつかバカもばれます。

私、見た目がクール(笑わないでね)っちゅうか、真面目そう(ダサいともいう)な上に自己紹介だけは頑張るんで、こいつ、出来そう!ってな感じにハードル上がる分、落差もすごいんです。

習い事、部活、勉強、仕事、、いつもそうでした。


そうして、こいつバカでダメだ…と気付かれてもなお、私は取り繕った自分で居るんですよね。

うん。

可愛く無いです。

せめてバカでも素直だったり、馬鹿正直だったら可愛げがあります。

でも、私は心を開く勇気が無いのです。

周りからしたらイジるにもイジれない。

結果、ただの、ダメな上にプライドが高くて偏屈な女になり、皆遠巻きにして行くのです。


小中高とこれで失敗し、(大学は付き合いたい人間としか付き合わなくて良い環境なので省く)アルバイトでも職場でも同じ失敗を繰り返し、アラサーになり。


私と真逆な性格の彼男さんとお付き合いを始め、彼男さんの生き方、考え方を間近で見てやっとこさ、ここまで気付けました。



怖がらず、こちらから心を開いていれば周りの人間も警戒心を解きます。

心を開くと、不思議と相手の笑顔が増えるんです。

私が心を閉じて明るいキャラを演じているときに見せられていた作り笑顔とは全く違う、穏やかな笑顔です。

相手の声のトーンも変わります。

女性は声が低くなります。

素の声、と言うのでしょうか。

お母さんが家の電話に出る時の「モシモシィ〜↑」とは真逆の声です。

男性は人によるかな。

でもゆっくり話してくれる事が増えます。


それってつまり、自分が作り笑顔をやめて、

穏やかな表情で話してるってことです。

作った声や話し方をやめて、素の低い声でゆったり話してるってことです。

そう、人間は鏡なんです。

相手の取った態度を、自分も取るんです。

ならば、相手にとって欲しい態度を自分も取るべきなんです。



まとめ。


ダメでもバカでもいい。

自分は自分。

あんまりにもダメなとこは直す。

でも、自分ってダメだなぁなんてくよくよ考えてる時間があったら、自分の良いところを伸ばす時間に充てたほうが有意義だし、心も病まない。



アラサーになってこのことをやっと実感している私です。